×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Home鞆の浦の観光

ささやき橋

sample

























ささやき橋伝説
<山中鹿之助首塚>戦国時代の終わり、毛利氏に滅ぼされた尼子氏の家臣山中鹿之助は
主家の再興を願い兵を挙げました。
1578(天正6)年岡山県の高梁川阿井の渡で討たれ、毛利輝元や足利義昭に首実検をされました。
岡山県の阿井の渡には胴塚があります。
<ささやき橋伝説>
応神天皇の頃、百済よりの使者の接待役・武内臣和多利と官妓・江の浦は、役目を忘れ夜毎
この橋で恋を語り合っていました。
それが噂になり二人は海に沈められました。それから密語(ささやき)の橋と語り継がれています。

ささやき橋は日本一橋の長さが短い橋として認可されているそうです。
大人なら一歩で渡れる橋なんですよ(笑)

ページトップへ

Copyright (C) 無料テンプレート005 All Rights Reserved.