×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Home鞆の浦の歴史

鞆の浦は何処にあるの?

sample

鞆は,瀬戸内海に突き出た沼隈(ぬまくま)半島の東南端に位置しています。
 背後には急峻な山々が海岸まで迫り,わずかな平地に家々が軒を連ねて建ち並んでいます。
 また,鞆は瀬戸内海のほぼ中央に位置するため,古くから潮待ちの港として栄えてきました。
 東は紀伊水道から,西は豊後水道からの満ち潮は鞆の沖合いでぶつかります。 その潮に乗って,船は鞆の港へ入り,引き潮に乗って再び船出していくのです。しかも,仙酔島(せんすいじま),大可島(たいがしま),玉津島(たまつしま)などの島々が防波堤となり,天然の良港でもありました。
 鞆の町の向いに浮かぶ仙酔島は,古くは向江島とも呼ばれ,名勝「鞆公園」の中心を成しています。
 島内には,広島県天然記念物の「仙酔島の海食洞」や「仙酔層と岩脈」などが見られ,探索のための遊歩道も設けられています。
                                          (鞆の浦の自然と歴史より抜粋)

ページトップへ

Copyright (C) 無料テンプレート005 All Rights Reserved.