×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Home鞆の浦の歴史

鞆の浦の歴史

鞆の浦の歴史を写真を添えて紹介していきます。
鞆の浦で有名なのはもちろん坂本龍馬も乗ったいろは丸
瀬戸内海の中央に位置する鞆は,古来,潮待ちの港として栄え,豊かな歴史と文化を育んできた町です。「鞆の浦」の地名は,日本最古の歌集『万葉集』にすでに見え,中世には「足利氏は鞆に興って鞆に亡ぶ」と言われるように,瀬戸内の重要な軍事拠点でもありました。
  近世に入り,鞆城を中心に城下町の町割ができましたが,西回り航路が開発され北前船などの商船が出入りするようになると,商港として大きく発展しました。商船だけでなく朝鮮通信使・琉球使節・オランダ商館長の一行などが入港し,海外からの文化を受け入れた国際都市でもあったのです。
 江戸時代の後期になると,頼山陽などの文化人が鞆の商人を頼って頻繁に訪れ,幕末の動乱期には三條実美など七卿が立ち寄り,坂本龍馬は「いろは丸事件」の際,鞆に上陸し紀州藩と談判を行いました。
 現在も残る多くの歴史的文化遺産は,海の道によって鞆にもたらされ,大切な港を守る江戸時代の港湾施設,常夜燈・雁木・波止・焚場跡・船番所跡の5点セットが日本では唯一鞆港にだけ残っています。
 低丘陵を利用した鞆城跡に立つと,半円形の港や港湾施設をはじめ,自然の防波堤であった仙酔島・弁天島・玉津島・津軽島など名勝「鞆公園」に指定された島々を近くに見ることができます。その風光明媚な景観は,国立公園第1号の「瀬戸内海国立公園」の一角でもあり,頼山陽は「山紫水明所」と表現しました。はるかに遠くを望むと,四国連山が雲をいただき,朝鮮通信使が「日東第一形勝」と絶賛した穏やかで雄大な自然景観が眼前に展開します。鞆の浦の魅力は,歴史遺産だけでなく,それと自然景観とが見事に融合した文化的景観にあります。
                                           鞆の浦歴史民族資料館より抜粋 


ページトップへ
Copyright (C) 無料テンプレート005 All Rights Reserved.