×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Home鞆の浦の歴史

坂本龍馬宿泊跡 桝屋清右衛門宅

坂本龍馬の宿泊したであろうとされている、桝屋清右衛門宅です
残念ながら内部は非公開となっていますのでそとからの写真になります。

sample

1867年5月26日(慶応3年4月23日)23時頃に伊予国大洲藩所有で海援隊が借り受けて長崎港から大坂に向かっていたいろは丸と、長崎港に向かっていた紀州藩の軍艦・明光丸が備中国笠岡諸島(現在の岡山県笠岡市)の六島(北緯34度18分16.0秒東経133度31分53.7秒付近で衝突した。

いろは丸は大破し自力航行不能となって、船舶の修理施設の整った近くの備後国沼隈郡>鞆の浦へ明光丸により曳航される途中に、鞆の南10km付近にある沼隈郡宇治島北緯34度18分52.7秒東経133度27分55.8秒沖で沈没した。

搭乗していた坂本龍馬はじめ海援隊士などいろは丸乗組員は明光丸に乗り移ったあと鞆の浦に上陸した。龍馬は紀州藩の用意した廻船問屋の升屋清右衛門宅や対潮楼に4日間滞在し賠償交渉を開始したが、交渉がまとまらぬうちに明光丸が長崎に向けて出港し、再交渉を行う為に後を追った。

※ウィキペデアより抜粋。

坂本龍馬
sample

幕末の志士「坂本龍馬」
日本人なら誰でも知っている有名人なのです。
江戸城無血開城
日本人初のハネムーン
等、彼に関するエピソードは未だ
語り尽くせない程多く残っています
その中の一つがいろは丸事件なのです。
坂本龍馬に関しては等ホームページより
他のサイト様の方が詳しい為割愛させて頂きます。
管理人が気が向いたら作るかな?・・・



ページトップへ

Copyright (C) 無料テンプレート005 All Rights Reserved.